2020年の家計における固定費の割合

家計における固定費がどのくらいか知りたかったので、先日の確定申告の際に作った資料の中から抜き出してまとめてみました。食費や日用品などの変動費も含まれていますが、毎月大きく変わることはないので固定費として合算しています。

品目 年間 ひと月あたり
食費 ¥509,680 ¥42,473
日用品 ¥104,994 ¥8,750
猫用品 ¥127,449 ¥10,621
電気 ¥183,361 ¥15,280
水道 ※1 ¥53,965 ¥4,497
ガス ¥141,780 ¥11,815
灯油・薪 ¥77,079 ¥6,423
光回線 ¥93,720 ¥7,810
電話 ¥10,222 ¥852
ウェブサービス ¥21,796 ¥1,816
サーバ&ドメイン ¥31,328 ¥2,611
車両費 ※2 ¥243,908 ¥20,326
合計 ¥1,599,282 ¥133,274
  • ※1 浄化槽の点検費を含みます。浸透桝の交換もしましたが、これはイレギュラなので費用には含めていません。
  • ※2 車を購入しましたがその費用は含めていません。

趣味や旅行に使ったお金は含めていないので、生きているだけで毎月約13万円使っていることになります。水道光熱費で毎月4万円近くかかっていますが、これは寒冷地なので仕方ありません。通信費は毎月15,000円くらいで、ほとんどが光回線の利用料です。サブスクリプション(定額課金制)サービスはAmazonプライムとマネーフォワードくらいしか使っていません。あとはNHKか。

ねんきんネットの試算によると、僕の現時点における受給予定年金見込額は月額約80,000円なので、65歳以降の収入を年金だけに頼る場合、毎月約50,000円の赤字になります。赤字分を貯金で補填する場合、年間60万円分の預金を切り崩す必要があり、仮にそれが20年続くとすると、65歳の時点で1200万円の貯金が必要です。

少し前に、「老後2000万円問題」というのが話題になりましたが、それよりはずいぶん低い計算になってしまいました。生活水準が世間一般の平均よりも低いということかもしれません。

2020年の家計における固定費の割合
薪代は年間36,000円くらい
0