スライド網戸の補修

自宅の窓はすべて、ガラスが外側に開閉するタイプの「すべり出し窓」です。日本の住宅で最も一般的な「引違い窓」の場合と違って、左右にスライドする網戸がつけられないので、上下にスライドする網戸を設置しているのですが、そのうちのひとつが上にスライドしたときに固定されずに落ちてしまうようになりました。

おそらく、窓の木枠が湿度かなにかで歪んだため、左右のレールの間隔が微妙に広がったのだのだと思います。このままだと網戸が使えないのでスペーサを入れて調節しました。
出典:窓の開き方イロイロ | 窓の教科書 | YKK AP株式会社

スライド網戸の補修

スペーサに使ったのは100円ショップで売っているアイスの棒みたいな木材です。ストックしてあるアイスの棒を使っても良いのですが、蟻が来るとやっかいなのでやめておきました。

スライド網戸の補修

適切な厚さになるまで重ねてマスキングテープで束ねます。

スライド網戸の補修

窓のスライドレールに両面テープで固定。

スライド網戸の補修

隙間から虫が入ってこないようにスポンジのすきまテープを貼ります。

スライド網戸の補修

レールを窓に取り付けます。

スライド網戸の補修

左右のレールの間隔を2mm狭くしました。よく見るとスペーサが見えてしまっていますが、よく見なければ見えないのでよしとします。

スライド網戸の補修

無事に網戸が使えるようになりました。

WATANABE Takeshi
WATANABE Takeshi
渡邉岳 / ウェブデザイナ / 愛猫家

1981年新潟生まれ、千葉育ち。2014年よりフリーランスのウェブデザイナとして独立すると同時に東京を離れて地方に移住。装飾を削ぎ落としたミニマルで美しいビジュアルと、使い心地の良さを兼ね備えたデザインを追求しています。猫と工作とブラストビートが好き。