薪棚の組み立て

朝の気温は0℃。南中高度が高くなったため(太陽の通り道が北に移動したため)、10時以降は室内に日光が入らなくなりました。南側の窓から光が入るのは3月下旬までのようです。猫は日向ぼっこをするために天窓のある3階の部屋に行ってしまうので、リビングは人気がありません。薪ストーブをつけたときだけ集まってきます。

ウェブサイトの保守契約をしている栃木のS社から年間の契約料が振り込まれていました。契約料の支払い方は、年払い、月払い、案件ごと、出来高払いなど、クライントによって異なります。入金を確認した旨を返信をするついでに、予約フォームのページを更新して、そちらと一緒にメールしました。その後、ウェブサイト用のコンテンツを10個くらい考えて仕事は終了。

薪棚の組み立て

薪棚の組み立て

雪が溶けたので庭に薪棚を設置しました。先日作った4つのパーツを組み合わせる作業ですが、前後のフレームパーツを支えておかないと倒れてしまうので、クランプで順番に固定しながらビス止めして組み立てました。誰かに押さえていてもらえば簡単かもしれませんが、一人で作る方法を考えるのが楽しいのです。

WATANABE Takeshi
WATANABE Takeshi
渡邉岳 / ウェブデザイナ / 愛猫家

1981年新潟生まれ、千葉育ち。2014年よりフリーランスのウェブデザイナとして独立すると同時に東京を離れて地方に移住。装飾を削ぎ落としたミニマルで美しいビジュアルと、使い心地の良さを兼ね備えたデザインを追求しています。猫と工作とブラストビートが好き。