iMac(27-inch, Late 2009)のディスプレイだけがスリープする故障


昨日あたりからiMacのディスプレイが起動してから1分でくらいで消えるようになりました。普段はMacBookAirとケーブルで接続してターゲットディスプレイモードで使っているのですが、画面消灯と同時にターゲットディスプレイモードも終了してしまいます。MacBookAirから画面共有でiMacをリモート操作することはできるので、iMacのディスプレイだけがスリープしており、スリープ解除ができない状態になっているようです。各種リセットとメンテンナスをひととおり試しましたが改善しないので、Appleのサポートに連絡しました。

リカバリーモードを提案されましたが、途中で画面が消えるので続行不可。画面が消えているだけなので出ている画面を予測しながらブラインドで操作すればできるのかもしれませんが、さすがに無理です。2009年のモデルなので修理サポートも終了しており為す術なしとのことで通話終了。

iMacは主にファイルサーバとして使っていただけなので、画面が消える事自体はそれほど大きな問題ではありませんが、プログラミングはMacBookAirの11インチの画面ではやりずらいので、ディスプレイだけ購入しようかどうか検討中です。ただ、大型ディスプレイがデスクから無くなると、視界が広くなって部屋全体が見渡せてなんだか気分が良いので、これを機会に小型ディスプレイでのワークスタイルを模索するのも良いかもしれません。

前後の記事

「持ち物」カテゴリの最新記事