Mac mini(Late 2009)をMojave patcherでMojave(10.14)にアップグレード

Mac mini(Late 2009)をMojave patcherでMojave(10.14)にアップグレード

以前、中古のディスプレイを購入したときにオマケでついてきたMac mini(Late 2009)をサブ機として使っているのですが、対応しているmacOSがEL capitan(10.11)までなので、iOS11以降の標準画像フォーマットである「.heic(ヘイク)」ファイルが読めませんでした。

なんとかならないものかと調べたところ、無料でダウンロードできる「Mojave patcher」や「Catalina patcher」などを使えば、システム要件を満たしていない古いMacに、新しいOSをインストールできるようになるとのこと。

Macで「.heic」ファイルを読み込むためには、High Sierra(10.13)以上が必要ですが、Catalina(10.15)だとAdobe CSシリーズが使えなくなるため、Mojave(10.14)にしておきました。Mojaveは2023/6/10時点で最新版Chromeのサポート外ですが、今のところ特に問題なく使えているので気にしないことにします。

  • Catalina(10.15)以降はAdobe CSシリーズが使えない
  • Mojave(10.14)以下は最新版Chromeのサポート対象外
  • High Sierra(10.13)からHEIC/HEIF形式に対応
  • Sierra(10.12)以下はChromeでSSLエラーが起きる

ネットを調べながらインストールを行い、無事にMojave(10.14)が起動できましたが、Chromeを起動すると画面がブランクのまま動かなかったので、Pathcer Updaterで「Re-install all」を実行したら正常に起動しました。

WATANABE Takeshi
WATANABE Takeshi
渡邉岳 / ウェブデザイナ / 愛猫家

1981年新潟生まれ、千葉育ち。2014年よりフリーランスのウェブデザイナとして独立すると同時に東京を離れて地方に移住。装飾を削ぎ落としたミニマルで美しいビジュアルと、使い心地の良さを兼ね備えたデザインを追求しています。猫と工作とブラストビートが好き。