Lightning-USBケーブルの修理


iPhoneを充電するためのLightning-USBケーブルの接触が悪くなってきたので修理することにしました。被覆(ゴム部分)を剥がすとシールド(網状の銅線)が断線していました。


シールドを繋ぎ直してからビニルテープでぐるぐる巻きにします。少し不格好ですが、問題なく使えるようになりました。

細部までこだわり抜いたプロダクトデザインがAppleの魅力だと思うのですが、このケーブルの貧弱さだけは理解しかねます。