ウッドチップの代わりにチェンソーの木屑を敷き詰めた庭の小径

ウッドチップの代わりにチェンソーの木屑を敷き詰めた庭の小径

薪の原木をチェンソーで切断するときに毎回大量の木屑が発生するのですが、いまいち有効な使い方が思いつかないので、庭の東側の小径に敷き詰めてみました。

ウッドチップの代わりにチェンソーの木屑を敷き詰めた庭の小径

ウッドチップの代わりにチェンソーの木屑を敷き詰めた庭の小径

ウッドチップの代わりにチェンソーの木屑を敷き詰めた庭の小径

ウッドチップの代わりにチェンソーの木屑を敷き詰めた庭の小径

ウッドチップの代わりにチェンソーの木屑を敷き詰めた庭の小径

ビジュアルを優先するのであれば、ホームセンタで販売されているウッドチップやバークチップ(樹皮を粉砕したもの)などを敷きたいところですが、それなりに歩きやすくなったし見た目も悪くないので、しばらくこのまま様子を見ることにします。梅雨の雨で流れないかどうかが現時点における一番の懸念点です。

WATANABE Takeshi
WATANABE Takeshi
渡邉岳 / ウェブデザイナ / 愛猫家

1981年新潟生まれ、千葉育ち。2014年よりフリーランスのウェブデザイナとして独立すると同時に東京を離れて地方に移住。装飾を削ぎ落としたミニマルで美しいビジュアルと、使い心地の良さを兼ね備えたデザインを追求しています。猫と工作とブラストビートが好き。