ストーブの給油に5リットルの混合計量タンクが最適だった話

先月から2階のリビングで活躍しているトヨトミの対流式石油ストーブですが、着脱式のタンクではないため、1日1回、ストーブ本体を持って灯油タンクのある1階のガレージまで給油しに行かなければなりません。本体の重量が11kg、満タンの灯油(タンク容量6.3L×灯油の比重0.80≒5kg)と合わせると16kg近くあり、だんだん面倒になってきたので、携帯できる灯油タンク(5L混合計量タンク)を購入しました。

ストーブの給油に5リットルの混合計量タンクが最適だった話

本来は混合ガソリンを作るためのものですが、注ぎ口がふたつあるため、ノズルを付けたまま給油できます。ストーブの灯油タンクは6L、タンクは5Lなので、オーバフロウの心配もなく、ノズルが長いのでストーブガードを設置したままでも給油できます。このためにあるんじゃないかと思うくらいメリットだらけです。

ストーブの給油に5リットルの混合計量タンクが最適だった話

ビジュアル的にはHunersdorff(ヒューナースドルフ)の灯油タンクなど、の方がスマートですが、見えるところに置くものではないので、見た目よりも機能性重視です。

WATANABE Takeshi
WATANABE Takeshi
渡邉岳 / ウェブデザイナ / 愛猫家

1981年新潟生まれ、千葉育ち。2014年よりフリーランスのウェブデザイナとして独立すると同時に東京を離れて地方に移住。装飾を削ぎ落としたミニマルで美しいビジュアルと、使い心地の良さを兼ね備えたデザインを追求しています。猫と工作とブラストビートが好き。