猿の家族 2016


庭で工作をしていたら猿の家族がやってきました。右側に2頭、左に1頭います。大人の猿は警戒心が強いのであまり近づいてきませんが、小猿より少し大きな猿は人間に対しても臆することなく向かってくるので注意しなければなりません。


栗の木があるのでそれを食べているようでした。母猿が栗の毬を素手で割って、実を小猿に与えていました。痛くないのでしょうか?


前回、猿の家族が来たのはのは2015年3月18日で、その前が2014年7月18日です。毎年、10匹くらいの群れでやってきますが、そのうち2〜3匹は小猿です。猿がどのくらいの早さで成長するのか知りませんが、1年経っても小猿のままということはないはずなので、毎年新しい小猿が生まれているのか、あるいは別の家族かもしれません。

前後の記事

「観察」カテゴリの最新記事