日脚が延びた

朝から16時過ぎまで仕事をして、夕方に少しだけ工作をしました。

工作室には明かりがないので、日が傾くと手元が見えなくなります。冬は17時くらいまでしか作業ができませんでしたが、今は18時くらいまでいられるようになりました。

昼間の時間が長くなることを「日が延びる」と言いますが、ネットを見ていると、「日が延びる」よりも「日が伸びる」という書き方をしている文章の方が多いことに気づきました(下記参照)。

物理的なことには「伸びる」、時間的なことには「延びる」を用いるのが正しい使い方ですが、今はどちらでも良くなっているようです。

中には「陽が伸びる」という書き方もありましたが、陽(=太陽)は(物理的に)伸びないので、言葉の使い方としては間違っていませんが、意味が変わってしまいます。しかしながら、「全然おいしい」のように、マジョリティ化してしまえばそちらが正しくなるでしょう。


「ひがのびる」の表記とそれぞれのGoogle検索結果数

日が伸びる
昼間の時間が長くなること(本来は誤用だが多数派)
検索結果:22,000,000件

日が延びる
昼間の時間が長くなること(正しい使い方だが少数派)
検索結果:518,000件

陽が伸びる
太陽が物理的に伸びること(誤用)
検索結果:569,000件

陽が延びる
太陽が時間的に延びること(誤用)
検索結果:333,000件