天窓の真下にベッドを配置

朝起きてデッキの温度計を見たらマイナス6℃くらいでした。昨日の天気予報では今日は特に寒くなると言っていましたが、それほど寒くはなく、いつもと同じくらいでした。

先月、3階の寝室に置いてあるベッドを天窓の真下に移動しました。就寝前に星が見えるようにするためです。天窓からの冷気をダイレクトに浴びることになるので寒くないか心配でしたが、移動前とそれほど変わりませんでした。あおむけに寝ると、窓から顔までの距離が1メートルくらいになるので若干の圧迫感はありますが、星空を見ながら猫と一緒にごろごろするのはなかなか快適です。今の季節は冬の大三角形が見えるはずですが、星座の知識がゼロなので、どれがそれだか全くわかりません。

天窓の真下にベッドを配置

WATANABE Takeshi
WATANABE Takeshi
渡邉岳 / ウェブデザイナ / 愛猫家

1981年新潟生まれ、千葉育ち。2014年よりフリーランスのウェブデザイナとして独立すると同時に東京を離れて地方に移住。装飾を削ぎ落としたミニマルで美しいビジュアルと、使い心地の良さを兼ね備えたデザインを追求しています。猫と工作とブラストビートが好き。