年金口座振替でネットバンクが使えない件


先日、日本年金機構から「銀行からの自動引き落としにすると手間が省けて楽ですよ」みたいな案内が届いていたので、申請書を郵送で提出したのだが、昨日書類が差し戻されてきました。理由は「ネットバンキング利用不可」とのこと。

確かに引き落とし先の銀行を住信SBIネット銀行にしましたが、今回提出した国民年金保険料口座振替納付申請書を再度見直しても、ネットバンキングが利用不可である旨はどこにも記載されていません(「ゆうちょ銀行を除く」とは書いてあります)。従って、楽天銀行やセブン銀行などのネットバンク口座しか持たない人が増えていることを考慮すると、今回のような差し戻し事案はそれなりの件数が発生していると予想されます。

申請書の記入欄に「ネットバンク利用不可」の一文を入れるだけで、このような無駄なやりとりをしなくて済むと思うのですが、

  • 部署のミーティングでそういう意見が出ない
  • 無駄を理解しつつも仕事だから仕方なくやっている
  • 若手職員が改善策を提案しても上司に一蹴される

などなど、やらない理由はいろいろ考えられます。
いずれにしてもやろうと思えばすぐに改善できることです。

・・・という内容のことを日本年金機構に連絡しておこうと思ったのですが、ウェブサイトにコンタクトフォームがありませんでした。twitterアカウントがあったのですが、プロフィール欄を見ると、

本アカウントへのフォローや、ツィートへの返信、ダイレクトメッセージなどを通じたご意見には対応しておりません
出典:日本年金機構

と書かれており、「何があってもオンラインでの問い合わせは断固拒否する」というスタンスを徹底しているようです。わざわざ営業時間に電話で意見するほど暇ではないのでこの件はここまで。

0