FSC認証マークのあるティッシュペーパ

持続可能な森林の利用と保護を図るために、適正に管理された森から産出された木材などに認証マーク(FSCマーク)を付ける、森林認証制度という仕組みがあります。くだいて言うと「このマークが付いている製品は盗伐木材などの違法な資源で作ったものではないよ」ということですが、身の回りの紙製品を調べてみても、このFSCマークの付いている製品はあまり多くありません。

例えば、ティッシュペーパは日常的に使われる紙製品のひとつですが、大王製紙の「エリエール」、日本製紙クレシアの「クリネックス」「スコッティ」、王子ネピアの「ネピア」などの大手メーカのティッシュペーパで、FSCマークが付いているのは「ネピア」シリーズの主要商品だけです(僕が知る限りでは)。
FSC認証マークのあるティッシュペーパ

ちなみに、同じネピア製ティッシュペーパであっても人気ブランドの「鼻セレブ」はマーク無し。日本製紙の「スコッティ」シリーズはティッシュペーパはマーク無しだけど、ペーパタオルはマーク有りといった具合に、同シリーズ内でも製品ごとにマークの有無が異なるので、このあたりも調べてみると面白いです。

森林認証制度や国内の木材利用の現状については以下のサイトも参考になります。