チェンソーの修理代

マキタの電気チェンソーが修理から戻ってきたので、久しぶりに薪づくりをしました。原木3.5本を切断して斧で割り、残りは13本です。5月中には片付くと思います。

チェンソーの修理代
電源が入らない症状でしたが、修理明細書によると、カーボンブラシとラバースリーブという部品を交換して改善したようです。部品と修理費込みで1,420円でした。コンピュータの修理だと最低でも5,000円くらいはかかるので、それに比べると驚きの安さです。最寄りのマキタの営業所まで修理しに行くと往復で4時間かかるので、最寄りのホームセンタに修理依頼をしたのですが、特に手数料などもありませんでした。ホームセンタ側は利益が出ているのか心配になります。

チェンソーの修理代
そろそろ草刈りのシーズンですが、薪割りを優先しているので玄関周り以外は雑草が生え放題になっています。食べ放題を「たべほ」、飲み放題は「のみほ」と略すらしいので、それに準ずれば「はえほ」でしょうか。このまま行くと5月下旬は庭の一部がジャングル化しそうです。