鬼押出し園

群馬県吾妻郡嬬恋村にある鬼押出し園に行きました。1783年の浅間山の噴火で流れ出た溶岩が一面に広がっており、その中を1時間ほど散策できます。開園は1951年なので、70年近く続いている歴史のある公園です。

鬼押出し園
鬼押出し園

浅間山について少し調べてみましたが、20世紀以降も頻繁に噴火しているようです。1800年代に全く動きがないことも不思議ですが、小規模であったために記録が残っていないだけかもしれません。以下、wikipediaより抜粋しています。

1596年 噴石により死者多数。
1721年 噴石により登山者15名死亡、重傷者1名。
1783年 天明大噴火。死者1443名、流家数957戸。噴火は3ヶ月以上にも及び、餓死者約100万人。
1911年 噴石により死者1名、負傷者2名。同年8月にも噴石により死者2名・重軽傷者数十名。
1911年 噴石により登山者1名死亡、負傷者1名。
1928年 噴石により児童負傷。
1930年 火口付近で死者6名。
1931年 噴火により登山者が重症1名、負傷2名。
1936年 噴火により登山者1名死亡、同年10月17日にも噴石により登山者1名死亡。
1938年 噴石・降灰により登山者若干名死亡、農作物被害。
1941年 噴石により死者1名、負傷者2名。
1947年 噴石により山火事発生、登山者9名死亡。
1949年 噴火時に登山者が転倒し4名負傷。
1950年 噴石により登山者1名死亡、負傷者6名。空振で山麓建造物のガラスに被害。
1961年 噴石により行方不明者1名、耕地に被害。

参照:火山噴火の歴史 – Wikipedia