またまた抜歯


破歯細胞性吸収病巣の治療のため今年の1月に抜歯しましたが、他の歯も似たような状態になっていたため、まとめて処置してもらいました。


今回抜いたのは上の歯4本です。獣医曰く大暴れしたとのこと。しかしながら「健康状態は極めて良好、長生きするでしょう」との太鼓判をいただきました。


猫は食事をほとんど丸呑みするため歯がなくても日常生活には差し支えありません。


傷が治るまでしばらくはエリザベスカラーを外せません。

前後の記事

「猫」カテゴリの最新記事