喫煙所経由の面接


某企業の面接で六本木へ。目的の会社に到着した時、約束の時間より少し早かったので、ビル1階の喫煙所でタバコを吸って時間を潰すことにしました。喫煙所には女性が一人いましたが、特に会話を交わす事も無く、そのまま5分程経ってから「さて行くか」と思い、火を消し、エレベータに乗りました。

ドアを閉めようとしたら、先ほどの女性がこちらに向かって来るのがチラリと見えたので、ボタンを押して閉まりかけたドアを開けておいたら、「すみません」と言いながら、笑顔で会釈してエレベータに乗りこんできました。

目的階のボタンを押し、5秒程の沈黙の後、突然「あ、面接の方ですか?」と言われたので「え?あ?はい」と答えたら、「あ、すみません。私、今日面接をさせていただく◯◯と言います。なんかすみません。こんな場所で挨拶しちゃって。すみません。」

・・・というような事前のやりとりがあったので、非常にリラックスした面接でした。