国立科学博物館


上野の国立科学博物館に行ってきた。今回で2回目。前回行ったのは2005年5月4日なので2年ぶり(こういう時にブログやってると便利だなと思う)。休日だったので子供だらけだったが、展示のフロアはわりとゆっくり見られた。「シアター360」という直径10メートルくらいの球形シアターが面白かった。数年前に千葉県市川市の現代産業科学館に行ったときは直径30メートルくらいのがあったが(残念ながら現在は無い)、これを初めて観たときは素直に感動した。
写真はヒグマの剥製。もふもふしてた。


ティラノサウルスの骨(ちゃんと観ていないが、多分レプリカ)。


ナメック星みたいなマリモ。


マンボウ。僕はまだリヴィングマンボウを見た事がないので、今年こそ見たい。


パンダ。保護動物は痩せ細っている場合が多いような気がする。老衰で死んでから剥製になるからだろうか。


頭と顎の骨は軟骨かなんかで繋がっているのだと思っていたが、完璧に分離しているらしい。だったら「顎が外れた」という表現はおかしいじゃないかと帰りの電車内で思ったが調べていない。