レーシックやってみた:手術編


手術してきた。以下、今日の流れ。

11:00 起床&朝食&出発。
12:20 眼科に到着。簡単な検査の後に手術室へ。検査時、「眼球が緊張してるのでリラックスしてください」と言われたが、眼球をリラックスさせる方法などわからない。
13:00 手術についての説明を受ける。事前に死ぬほど調べてから行ったので全部知ってることだった。先に手術代を払う。どうでもいいけど受付の女の子全員美人過ぎる。間違いなく選考基準は顔。
13:20 別室へ移動。小学校の給食当番がつけるような帽子をかぶらされた。髪を縛っていたので「ほどいてください」と言われたので、ほどいたら、給食帽子に収まりきらなかったので、結局縛った。
13:20 手術室へ。初めに眼球の膜みたいのをパカッと開ける手術。「時計仕掛けのオレンジ」のマルコム・マグダウェルみたいに機械で眼球を固定され、レーザー照射。術中、視力が完全に無くなるので一瞬ビビった。レーザーというからFF5の波動砲みたいなの想像してたが、ピカピカしてるだけでよくわからなかった。
13:40 さらに部屋を移動し、今度は視力を矯正するレーザーを受ける。こっちはいろんな色でキラキラ光ってて、「2001年宇宙の旅」のスターゲートを通過するシーンみたい。というか眩しいだけだった。BGMは「ツァラトゥストラはかく語りき」。
14:00 手術は終わり。景色が白濁してる。休憩室で20分休憩。「寝ないでください」と言われた。寝ないし。
14:20 術後検査。医師がひと言、「よし、予定通り」。夜神月か?
14:30 帰宅中、涙が止まらなかった。地下鉄の風が目にしみる。サングラスかけてたけど、あまり効果なし。ゴーグルかフルフェイスのヘルメットでも持ってくりゃ良かった。
15:30 柏に到着。目は痛いが、おなかは減っているので、駅前のマックで泣きながら「チーズバーガーセットをお持ち帰りで」。自分の眼も痛いが、バイトの女の子の視線も痛かった。でもコーヒーはおいしい。
16:00 帰宅。術後、TVもPCも読書も運動も禁止との事なので、何をすればいいのかわからず、部屋の掃除を始める。
20:00 だいぶハッキリ見えてきた。掃除も佳境にさしかかる。
22:00 半身浴して寝る。寝るときに両目にアイパッチをつける。「OH!スーパーみるくちゃん」のアイパッチ博士みたいなやつ。あるいは「ブラックジャック」のドクターキリコみたいなやつ。

(翌日)
11:30 術後検査のため、また日比谷まで行く。出血が止まらなくて眼球がウサギみたいに赤い。
12:30 検査したら両眼とも1.5だった。出血は「目薬うちまくればおk」との事。
13:00 「検査時間は2時間くらい」って聞いてたのに、30分で終わった。ヒマなので一人で銀座をブラブラ。都内在住の知り合いに片っ端から電話するが、月曜の真っ昼間に遊んでくれる人なんていない。
13:00 三省堂書店で村上春樹の「これだけは、村上さんに言っておこう」と「ひとつ、村上さんでやってみるか」を購入。これでシリーズ揃った。
14:00 Vivienne Westwoodのスタッフはすごく声が小さくて良い。というか他が元気過ぎる。
14:30 ビックカメラの林檎コーナでいろいろ物色。
14:50 BVLGARIの香水を購入。枕にかけると良く眠れる。
16:00 飽きたので帰宅。昨日、録画した「日本沈没」を観る。クソだった。

(追記:一週間後)
現時点で視力は2.0。0.04→2.0まで上がったのでとりあえず成功。眼の痛みも完全に無くなった。多少、疲れやすい気がするが、仕事に差し支えるほどではない。

前後の記事

「日記」カテゴリの最新記事