NotoSansのfont-weightが効かなかった件


クライアントのウェブサイト(bodyのfont-familyにNoto Sans JPが指定されてる)を修正しているときに表題の問題が発生し、原因がわからずハマったので忘備録。

Noto Sans JPは全部で6種類(100、300、400、500、700、900)のウエイトがあるのですが、400以下は全てnormal、500以上は全てboldで表示されてしまう状態でしたが、SSL化されているウェブサイトなのに非SSLでCSSを読み込んでいたことが原因でした。正しい記述は下記の通り。

誤:http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css
正:https://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css

一番問題なのは、Chromeのアドレスバーに警告が出ているのに全く気づかないで作業している自分の注意力のなさです。

前後の記事

「ウェブデザイン」カテゴリの最新記事

ウェブサイトのリニューアル

ウェブサイトのリニューアル

年が変わって区切りが良いのでウェブサイトのデザインをリニューアルしました。秋頃から仕事の合間に少しずつ作っていたので季節感がズレていますが仕方ありません。背景の写真は季節毎に変えようと思っているのですが、良い写真が撮れな...

テレビの影響についての考察

テレビの影響についての考察

曇り空が続いているため毎日空気がじめじめしていますが、「マイナスイオンがいっぱいのひんやりした空気」と言い換えれば、読み手に与える印象をポジティヴ変換できます。 管理しているウェブサイトのひとつに、知人が経営している地方...

これまでに作ったウェブサイトの数

これまでに作ったウェブサイトの数

ブログのデザインを少し変更し、別サイトで管理していたポートフォリオ(制作実績)をこのブログに移設しました。ただしクライアントの許可をとるのが面倒なので公開はしていません。 ウェブデザイナとしての仕事を始めたのが2007年...

グローバルIPの更新頻度

グローバルIPの更新頻度

管理しているウェブサイトのひとつに企業の社内向けウェブアプリケーションがあり、その会社の固定IPと許可したIPアドレス以外からはアクセスできないようになっているのですが、自分のグローバルIPも定期的に書き換わるため、ある...